更年期障害とプラセンタ療法⑥

栄養成分に富むプラセンタ

★多彩な栄養素を含む
 胎児の発育を支えるプラセンタにはタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素をはじめ、人間に必要とされるほとんどの栄養素が含まれています。

★プラセンタに含まれる主な成分
タンパク質・・・・・アルブミン、グロブリンなど
活性ペプチド
アミノ酸・・・・・・ロイシン、リジン、バリンなど
脂質、脂肪酸・・・・コレステロールなど
糖質・・・・・・・・グルコースなど
ビタミン・・・・・・ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC、D、Eなど
核酸・・・・・・・・DNA,RNAなど
ムコ多糖類・・・・・ヒアルロン酸など
酵素・・・・・・・・アルカリホスファターゼなど

★各種の「成長因子」も存在
 プラセンタには、全身の細胞を活性化するさまざまな「成長因子」が存在することも確認されています。プラセンタがつくり出すこれらの成長因子は細胞分裂を活発にするとともに、胎児の細胞を各種臓器へとつくり替えていく働きをします。
 その中の「幹細胞増殖因子」は、肝臓だけでなくほかの臓器も修復・再生させることから、再生医療の分野で大変、注目されている物質です。



当院でもプラセンタ療法を取り入れております。
更年期障害でお悩みの方、お気軽にご予約ください。
プラセンタ療法の初診を受けて頂く際は必ずご予約をお願いいたします。

静かなお産
自然なお産
芦屋・小野レディスクリニック
0797-21-3700
[PR]